ホーム » 未分類 » 東和精機の地域との交流活動

東和精機の地域との交流活動

企業が成長を続けていくために欠かせない事は沢山ありますが、会社がある地域の理解を得られることは大切な要素のひとつと言えるでしょう。
東和精機では地域からの理解を得られるためにどのような交流活動を行っているか見てみましょう。

◆地域の理解を得られることの大切さ

まずは、企業がある地域から理解を得られることの大切さについて確認しておくことにしましょう。
中小規模の企業の場合は、特に地域のコミュニティーと密接に関わる機会が多くなる傾向にあると言われています。
地域の理解を得られることによって、地域にとって必要な存在として企業が認識されるようになることでしょう。
地域にとって必要な存在として認識されることで、会社の評判や信頼度がアップすることに結びつくでしょう。
会社の評判や信頼度がアップすれば、さまざまな面で企業活動が行いやすくなることが期待出来ます。例えば、地元で就職先や転職先を探している人にとって、働きたい会社となることで人手不足や人材不足の解消に結びつく可能性があります。

◆ボランティア活動への取り組み

それでは、東和精機では地域との交流活動の一環としてどのような取り組みを行っているのかチェックしてみましょう。
東和精機のHPには同社が取り組んでいるボランティア活動を紹介した「ボランティアブログ」がありますので、どんな活動に取り組んでいるのか覗いてみることにしましょう。
東和精機の昨年の活動を見てみますと、年間9回のボランティア活動が行われていました。活動内容としては、農作業のボランティアとなっています。
農作業のボランティア活動で行う内容は、うねづくり、稲の種まき、野菜の苗の植付等、多岐に亘っているようです。参加者は、社員だけと思っている方も多いかもしれませんが、東和精機の場合は会社の代表者である社長自らが参加することもあるそうです。
ブログにはボランティア参加者が紹介されていますが、参加人数も参加者もその時々によって違っています。

◆地域との交流と学び

東和精機で行われているボランティア活動を通して得られることとして地域との交流があるようですが、それ以外の部分でもさまざまなことを学ぶ機会となっているようです。
ブログの中では、農作業のボランティア活動を通して得た体験に対する感謝が必ず述べられています。普段何気なく食べているお米や野菜なども、実際に農作業を経験することで育てる苦労について知る良い機会となり、食物に対する感謝の気持ちを育てることにも役立っているようです。
また、時間通りに作業を終了させることへの重要性を知る良い機会にもなっているようです。

◆まとめ

東和精機が取り組んでいるボランティア活動をご紹介して来ましたが、普段の仕事以外で学ぶことが出来る貴重な機会であることもお分かり頂けたのではないでしょうか?