ホーム » 未分類 » 東和精機の労働環境

東和精機の労働環境

全自動歪取機を主要な製品として堅実な経営を行っているとリサーチ会社から評価を受けている東和精機ですが、安定した業績を続けるためにどのような労働環境整備に取り組んでいるのでしょうか?
東和精機の労働環境を早速覗いてみることにしましょう。

◆無事故を目指した安全対策

東和精機では、無事故を続けることによって、顧客からの信頼を得ることが出来ると考えているようです。
そのため、東和精機では、社員の安全を確保するために一人ひとりに対する安全対策を実施すると共に快適な職場環境を整えるようにしているそうです。
また、安全対策として各人の安全に対する意識を浸透する機会を設けることが必要と考えているようです。その一環として安全教育を行ったり、マニュアル化が行われたりしています。
さらに、安城市にある同社の全ての工場および事務所棟に耐震補強工事を行うことでより安心して働くことが出来るための環境が整えられました。

◆快適な職場環境

次に、東和精機が行っている具体的な快適な職場環境作りへの取り組みについて見てみましょう。次のような対策が実際に行われています。

●屋外大型給湯器および手洗場

いつでも快適に手洗いを行うことが出来るように、大型給湯器の設置が行われています。これによって温かいお湯を使って手を洗うことが可能になりました。お湯を使うことで、油で汚れてしまった場合もスッキリと落とすことが出来るでしょう。

●トイレのウォシュレット化

トイレはその家や会社を映す鏡という考え方もあるように、キレイなトイレというのは快適な環境作りに欠くことが出来ないものと言えるでしょう。

●ウォーターサーバーの設置

東和精機では、屋外に設けている休憩所と事務所にウォーターサーバーを置いています。ウォーターサーバーがあれば必要な時にいつでもフレッシュなお水やお湯を飲むことが出来ます。

●工場屋根遮熱塗料塗布

遮熱塗料を工場全体の屋根に塗りました。これによって、夏は冷房費の削減が行われるとともに、より快適な作業環境を確保することが可能になりました。

●対流ファンの設置で暖房効果アップ

東和精機の工場は、天井が高いため冬場の暖房の利きが悪い状態でした。強制対流ファンを取り付けて上昇してしまった暖かい空気を循環させることで暖房の利きが大きくアップすることになりました。

●事務所・設計室のリフォーム

築年数が長くなった事務所兼設計室は2007年にリフォームされ、快適な環境になったそうです。リフォームされてからも社員全員で行う掃除や手入れが行われていますので、経年劣化を感じることはないそうです。

●緑化帯

東和精機では屋外に休憩所が設けられているそうですが、休憩所に緑化帯を設けることで、社員の憩いの場となっているようです。

◆まとめ

東和精機では、快適な労働環境作りへの取り組みをご紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?快適な労働環境はプラスの効果を生むのかもしれません。

おすすめ参考サイト→→→ 東和精機株式会社 企業情報|YOL 日本の未来を元気にする企業:読売新聞オンライン